アメリカ人は英語以外の言葉を話せるの? | 個人専門英会話レッスン 栄 瀬戸(深夜/出張/スカイプOK)

アメリカ人は英語以外の言葉を話せるの?

結論から言うと、英語以外の言葉を話せるアメリカ人は少ないです。

日本人は英語が苦手とよく言われていますが、アメリカ人の外国語の苦手さに比べたら、日本人の英語は上手です。

一応、アメリカの義務教育で外国語を学ぶカリキュラムはあるものの、日本の英語の授業ほど重要視されていません。まあ、世界共通語が英語なので、外国語を学ぶことは単に「教養」ぐらいの位置づけなのでしょう。

「我々アメリカ人も外国語を積極的に学ぶできだ」と言うのは政治家や大学教授などのアカデミックな人たちばかりで、一般市民レベルではこの意識は全然薄いですね。

アメリカで聞いたジョークに、以下のようなものがあります。

「二ヶ国語を話せる人を何と呼ぶ?」
「バイリンガル」
「三ヶ国語を話せる人を何と呼ぶ?」
「トリリンガル」
「じゃあ、一ヶ国語しか話せない人を何と呼ぶ?」
「アメリカ人(笑)」

もちろん冗談ですが、それぐらいアメリカ人は外国語に興味がないということです。

ちなみに、アメリカ人が外国語の授業を受けるとしたらスペイン語を選ぶ人が多いです。カリフォルニアを始めとして、アメリカ全体でヒスパニックの人口が増えているので、スペイン語が一番使い道があると考えているからでしょう。実際に、英語とスペイン語を話せる人は、いろんな職場で重宝されます。(アメリカでは英語を話せない移民もたくさんいますからね。)
END

KEN SAWAMOTO
(英会話コーチ / 英和通訳者 / 英和翻訳者)
  • 名古屋生まれ / 18歳でロサンゼルスへ移住
  • ロサンゼルス13年在住 / ラスベガス2年在住
  • Union Bank of California(米国)に勤務
  • アメリカ人との結婚/離婚を経験する (T_T)
  • 名古屋市災害語学ボランティア登録済
  • 契約書からアニメゲームまで各種翻訳担当
  • 名古屋市国際イベントの通訳担当